パソコン(ゲーム)用にレイザーコラボのブルーライトカットメガネ買った

やっほー。えす君(@ESUKUNnet )です。

私は目がめっちゃ疲れる生活をしてます。昼は会社でずっとパソコン作業して、夜はゲームする。会社の行き帰りの電車はスマフォをいじる、、そんな目に全く優しくない生活です。で、目が疲れるんでPCメガネを買ってみました。そんなお話です。

買ったメガネはGUNNAR(ガンナー)というアメリカのゲーミングメガネを作っている会社とゲーミングデバイスで有名なRazer(レイザー)コラボモデルです。

GUNNAR ゲーミング アイウェア RPG By Razerとかいうやつです。

PCメガネ、ブルーレイカットメガネでハイスペックなのをお探しの方、つまり1日中、モニターを見続けるような人にオススメしたいです。

どうしてメガネをつけると目の疲労が減るの?

ブルーライト研究会様の情報をざっくりまとめると。

可視光(ヒトの目で見ることのできる光)は400~780nm
紫外線は400nm以下
ブルーライト(紫外線にもっとも近い強いエネルギーを持つ光)380~500nm

ルーライト研究会「ブルーライトとは」一部抜粋

だそうです。ブルーライトはパソコンとかスマフォから出てて、ブルーライトが強いエネルギーを持ってるから目や体に大きな負担をかける。らしいです。だから、ブルーライトをカットして目や体を守ろうというのがコンセプトのメガネになります。

詳しくはブルーライト研究会様でご確認ください。

GUNNAR ゲーミング アイウェア RPG By Razer開けてみた

箱の側面に「DESINED BY RAZER」って書いてますね。後は3つ蛇のエンブレムも。

下が開封して中身+ステッカーを並べました。RAZERの緑がやっぱりかっこいいですね。テンション上がる。

・メガネ本体
・取り扱い説明書
・メガネケース(というか袋)
・メガネ拭き

メガネ拭きは大きさをわかりやすい(?)ように広げてメガネの下に置いてみました。

GUNNAR ゲーミング アイウェア RPG By Razerのおすすめポイント

①ブルーライトカット率はなんと65%

アマゾンの商品説明欄に書いてあったんですけど、「ブルーライトカット率65%、および紫外線をカットするUV400加工」です。

目に見えない紫外線はカット。目に見えないんだからパソコン、ゲームをやるのには全くいらないですよね。
ブルーライトのカット率65%はすごいです。アマゾンとかでいろいろ探しましたが、他のメーカーではだいたいカット率50%程度までしか見つけることが出来ませんでした。

勝手な推察なんですけど、このメガネはガンナーってアメリカの会社のなんです。
で、アメリカ人ってサングラスかけてる人が多い。なんでかというと紫外線が強い外を出歩くから目を守るためにサングラスをかける。だから目を保護することにすごく敏感でブルーライトもめっちゃかっとしないと気がすまないんじゃないか?と考えました。

知らんけど。笑

②蝶板がバネで逆側まで開く

手でむりやり広げて写真とりました。ちょっと広がるのでメガネをつけ外しするのにいいですね。

全体的に丸みを帯びています。

顔にフィットするように出来てますね。

左側に普通のメガネと一緒に置いてみました。ちょっと暗いところで撮影して見にくくてすいません。

全然形が違いますよね。普通のは横に真っすぐ。

レンズの縦の長さも全然違います。

縦にレンズが大きく、丸みを帯びた形でしっかり顔を覆ってメガネの外からの光も遮断出来るようになってます。

③フレームとメーカーロゴがかっこいい

フレームに「GUNNAR」とメーカーのロゴが入ってますね。ロゴの下のところに穴が空いているのは軽量化のためでしょうか。

フレームの内側が「レイザーグリーン」で外は「黒」。つけてしまえば意外と普通に見える(かもしれません。)

フレームが他の一般的なメガネとりも耳にかけるところが短い?真っすぐ?です。ヘッドセットをしたときにメガネが干渉しないようになってます。まさにゲーマー向けの仕様でゲームやる人には本当にオススメのポイントです。

後、本体は33gらしいです。

軽いのか重いのかよくわからん。笑

後、持っていて使うときになんとなくテンションが上がる。

GUNNAR ゲーミング アイウェア RPG By Razerの使用感

レンズに色がついているので当たり前ですが、最初は黄色に見えるので少し気になります。が、

30分もしたら別に気にならない。

つけてるのを忘れてしまいます。ゲームに夢中だからね。笑

他には瞬きの回数が増えた気がします。私がメガネをしてより気にするようになっただけかもしれません。ドライアイで悩んでる人もいいかもしれませんね。

圧倒的な欠点

ここまで良さげなポイントばかり説明してましたけど、欠点を忖度なしではっきり伝えますと、

レンズがすごく黄色くて人前では恥ずかしい。

色薄めのサングラスぐらい、黄色いです。ちょっと人前では恥ずかしいです。オフィスでは特に恥ずかしいかもしれません。

私の場合は自宅でゲームする用なので家族にしか見られることがないので全く問題ないですけどね。オフィスで使うことを考えている人だと、クリアレンズタイプが自然な感じでいいかも。そうなると普通にZoffとかのメガネがいいかもしれませんね。

created by Rinker
Zoff(ゾフ)
¥4,400 (2021/09/25 02:50:53時点 Amazon調べ-詳細)

レンズが透明ダイプだとブルーライトのカット率が落ちるのでそこをどう考えるかですね。上のタイプだと35%ですね。
せっかくメガネするのにカット率を落としてもいいのか?って。

まとめ

目の疲労で悩んでいる人は是非試してみてください。

じゃねー。

ABOUTこの記事をかいた人

「西湘エリアのおいしいお店、楽しいスポット、面白いことを発信中」の30代ブロガー。 西湘エリアで就職して10年以上、毎週いろんなお店で飲んで食べた経験と家族とおでかけした楽しいスポットを発信中。 お酒大好き、美人姉妹(親バカ笑)のパパ。最近は飲んで食べて歩かないので20才の頃と比べて10kg太りました。笑 プロフィール詳細ページ⇒https://skunn.net/profile/